スタッフブログ

耳鼻科専門医との連携歯科治療

おざわ歯科医院 平塚総合歯科センター では 患者さまのために 最善を尽くすということをこころがけております。

安心安全 確実のために 耳鼻咽喉科専門医 との連携手術というものがあります。
上顎などに 人工歯根療法などを行う際に 骨が少なくて手術がむずかしい または
できない・・・といったケースはかなりあります。

そんな 患者さまのお悩みを解決するために おざわ歯科医院では 耳鼻科専門医 歯科医師
による より高度の歯科医療を実現しています。
耳鼻科専用マイクロスコープを もちいた 上顎の骨造成手術です。

DSCF1613 - コピー.JPG

DSCF1659.JPG


DSCF1666 - コピー.JPGもちろん 十分な」局部麻酔をして さらに静脈内鎮静法をもちいていますので お痛みなどはほとんどありません。ご安心ください。




すべては 患者さまのHappy のために・・・・・・・
                                            BY Hiro




おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

歯科用CT スキャンの話

おざわ歯科医院には昨年から ドイツ シロナ社製の最新 CT スキャンを導入しています。

ドイツシロナ社は 世界最大の歯科メーカーで 被曝線量も業界最低をほこっています。
安心、安全をモットーに 必要に応じて検査しています。
 ここからは いままでのパノラマレントゲンや デンタルレントゲンでは判断できない情報を たくさん
得ることができます。

 当医院では、より正確で迅速な診断にやくだてております。

たとえば、 上顎の耳鼻科領域の境界部分の診断、歯根の先端の状態、歯内療法(根の治療のこと)、埋まっているおやしらずの抜歯(特に 神経 血管に近いケース、歯根の破折、歯周病の診断、骨折の診断、腫瘍の診断、もちろん インプラント治療の診査、診断・・・・・・など多岐にわたります。

DSCF1095.JPG

DSCF1052.JPG
インボディ(In Body)検査の後方が CTスキャンです。
インボディ検査につきましては また後日ブログで説明いたします。

メインテナンスの方や、歯科治療中の方に対して、健康アドバイスや 食育指導もあわせておこなっていますので、お気軽にお声かけください。

DSCF1088.JPG



 すべては患者さまのHappyのために・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ By Hiro




おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

歯科用 CT機器 の話

おざわ歯科医院に歯科用CTが導入されてはや2か月となりました。

矯正用のセファロレントゲン(頭部エックス線規格写真)、顎関節、パノラマレントゲン、矯正用の手根骨検査、そしてもちろん 3D CT検査や、インプラント手術のシュミレーションが この1台で可能となりました。

最新ドイツSIRONA社製の ORTHOPHOS 3D XG というモデルです。すでに当医院で採用しているSIRONA社製の CEREC3 システムと連動することにより インプラントの外科用ガイドステントや上部構造物までも同時に製作することも可能となりました。

患者さまには 歯のないところにどのような 歯 がはいるかを 即日 即 診断することができ
そのままプレゼンテーションして 説明することもできます。
DSC04761.JPG
DSC04756.JPG

DSC04749.JPG




 すべては患者さまのHappyのために・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ By Hiro




おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

歯科用CT機器の話し 2

本日は CTの設置がおこなわれました。まる 2日間かかりましたが 明日からみなさまに 提供できると思いますと たいへん楽しみです。

 おざわ歯科・平塚総合歯科センターで採用したCTは ドイツ シロナ社製です。

CT セファロ パノラマすべてに対応しています。また セレックシステムにも連動します。

さらに 患者さまにとっては からだにやさしい設計になっています。

 まだ 本年2月に世界同時発売となりました。 日本国内ではまだ 数十台しかありません。

 

 

XG3D-Ceph.jpg

 

 

 

 

CmG 1.jpg すべては 患者さまの Happy のために・・・・               By Hiro

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

おざわ歯科の歯科用CTの話し 

歯科用CTをかねてから導入しようとしていましたが、おざわ歯科医院でも10月1日から設置されます。

ドイツのsirona社製のCT  Orthphoth 3D です。

矯正科では セファロレントゲンとして、また 一般歯科治療ではパノラマレントゲンとしても利用できます。

 顎関節や、顎の骨折、腫瘍や 歯根のう胞。また 埋伏歯や 親知らずなどの診断や処置など。

またある時は、耳鼻科領域と歯科との境界部分における診断にも利用できます。

 インプラント治療の診断やシュミレーション、 術後の確認などいろいろ用途があります。

sirona-1 圧縮.jpg

 おざわ歯科では 約2年半まえから 最新のCAD・CAMシステムである CEREC 3D

を導入していました。これに加えて、ドイツ sirona 社製のCT がくわわることにより

より一層の医療サービスの充実ができます。

 

理論上ではこんな夢のようなインプラント治療も可能になります。

 

即日・即診断 即シュミレーションをして 即日説明用のプレゼンテーションができます。

さらに 安全なインプラント手術のための ガイドも即日で作成し 即日にオペも可能となり

ます。また 即日にシュミレーションどおりの 仮歯や セラミックの歯までも提供できることになります。

 

 安全な手術には 今後かかせない医療機器となります。

 

詳細は スタッフまでお尋ね下さい。

設置場所は 5つある 個室の隣接したところです。採血をしたり、歯周内科治療の位相差顕微鏡などのある検査室に設置してあります。

 

CT 診断や説明につきましては 1 検査室

                    2 オペ室

                    3 予防専用個室A

                    4 予防専用個室B

                    5 待合ホール正面の応接コーナー

の5か所での 説明が可能となっています。

ご本人のみならず、ご家族さまにも同時に十分な説明が可能となりました。 

 

 

 

 

すべては患者さまの Happy のために・・・・・・・            By Hiro

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

切削精密機器 の 滅菌・消毒の話し

誰でも 歯科医院で、 あの 「キーン」 と音の出る 歯を切削する機械を見たことがあると思います。

エアー・タービンといいまして 毎分 30万回転から 40万回転もする能力があります。

 内部は このように 複雑な構造になっています。

 

DSC08349.JPG最近は 高速ギアーに金属を用いずに ダイヤモンド・カーボンという新しい素材のものも

できています。メインテナンスで注油の必要もありませんので、切削した歯の表面にオイル

が付着して 接着力がおちることもありません。

 まだまだ 多くのタービンには 注油のメインテナンスが必要です。

ところで、各歯科医院で悩みの種が このタービンのメインテナンスです。

 患者さまの口腔内で 回転させて停止した瞬間に 、この内部に バックサクションといって 患者

さまの口腔内の唾液や 血液を 吸い込んでしまう可能性もあります。

これを すべて 滅菌・消毒・注油のメインテナンスまで たった 12分間で 自動にすませてしまう

最新歯科医療機器が ドイツ製の DAC ユニバーサル という機械です。

 

DAC_offen_neu.jpg

 

 

 

 

 

2011 4 13 o DAC.jpg

 患者さまにたいしては、感染防止になります。 また、なにより

 

 デンタルスタッフの時間も節約できます。 さらに患者さまにたいして 説明をする時間

や ホスピタリティー(手厚いおもてなし)にも プラス になります。

 

 患者さまには 見えない部分ですが、おざわ歯科医院では これからも最善をつくしてゆき

ますね。

 

すべては 患者さまの Happy のために・・・・・             By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

歯科用CT機器の話し

 現在の技術革新は ご存知のとうりめざましいものがあります。

たとえば 液晶テレビ や 携帯電話、パーソナル・コンピューターをみればおわかりのとおりです。

たった1年前の性能より上位の機種でも さらに低価格になってきているのは周知の事実です。

歯科用CTについても同様なことがいえますね。

おざわ歯科医院でも ドイツ製のシロナ社製の CT が導入されます。

3DCT画像はもちろんのこと、デジタルパノラマ画像、セファロデジタルレントゲン画像もついていま

す。

 最大の特徴は 当医院で採用しているセレック3システムと連動しますので、即日検査、即日診断

場合によっては 即日処置も可能になります。患者さまに理解しやすいプレゼンテーションがすぐでき

るようになります。

 また、顎関節の状態、耳鼻科領域の疾患も一目了然となります。

 

 

DSC08350.JPG 

  DSC08351.JPG

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

歯科の切削機器の滅菌の話し

 本日は 患者さまに対して 安心・安全をどのように貢献しているかというお話をさせていただきます。 

 

歯科医院には 歯を削る エアータービンというものや 低速で切削するエンジンなどがあります。

歯の切削には 毎分何十万回転という 高速回転が必要になります。また 発熱を防止したり 視界

を確保するために 注水も必要になってきます。

 

 

 そんなわけで 大変精密で 微細な構造の医療機器を用いることになります。ここに 患者

さまの血液や唾液などの問題がしょうじてきます。

 バックサクション といって 機器を止めた瞬間に 切削していた 周囲の空気や 血液 唾液をの 

機器の小さな 穴から吸い込んでしまいます。

 各歯科医院では このような問題を解決するために いろいろ工夫しているのが 実情です。

おざわ歯科医院では 歯科用チェアーは 現在 9台あります。そのそれぞれに 3から4個 の切削

用機器がついています。

 1人 1人の患者さまに 滅菌した 切削機器(エアータービンや エンジンなど)をもちいますと 多

数の機器の予備が必要になってきます。

 これは DAC ユニバーサル という 専用の滅菌 エアー乾燥 注油などのメインテナンスをする

ドイツ製の機械です。たった 12分間で 終了できます。

 滅菌のみでしたら 3分間で 完了できます。

 

 

  2011 4 13 o DAC 1.jpg hyg_dacuniversal_product_0012.jpg  DSC08219.JPG おざわ歯科医院にある エアータービン・コントラエンジン・5倍速エンジン・・・・などなど

もちろん クリーニング専用PMTC コントラエンジンなどもすべてふくまれます。

 

ここにあるのは これでもほんの 1部です。

 

 

2011 4 13 o DAC.jpg

 今日は みなさまが 普段 見ることのない バックヤード(うらかた)のお話をさせていただ

きました。

 もし 自分自身が ここで(おざわ歯科)治療を受けて どうか という視点にたって いつも

考えて 運営しております。

 これからも 宜しくお願いいたします。

 

すべては 患者さまの Happy のために・・・・・・                  By Hiro

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

より 安全・安心な滅菌器の話し

 

 

 

 

DAC_offen_neu.jpg 歯科医療は つねに 精密機器をもちいて 歯の切削などをしてゆきます。

そのための 消毒・滅菌は どの歯科医院でも 最重要課題です。

歯を切削する機器(エアー・タービンといいます)や マイクロ・モーターなど 毎分 何十万回転もする

精密機器を日常的にもちいます。

 この 滅菌 消毒に 今回 おざわ歯科医院・平塚総合歯科センターでは 世界最新機器の導入をしました。

 ドイツ シロナ社製 の DAC Universal という機器です。

 

 

pi_hygiene_systems_174.jpg

 

 

2011 4 13 o DAC 1.jpg      

 

 

 

 

 

この滅菌器は 1台で 患者さま 一人 一人に用いている

キーン と音のする タービン や コントラ(歯や骨を削る器械)、ストレート・ハンドピース の滅菌(完

全にすべての菌を死滅させる滅菌) する器具です。

 この滅菌器のすばらしいところは、タービン・コントラ・ストレートハンドピース を 精製水をもちいて機械の内部・外部の洗浄から オイル注油、さらにはバックフラッシュという独自の工程を経て機械内部にいたるまでの厳密な滅菌を一気に行えるということです。

 それも 12分間しかかかりません。

歯科治療の現場では、一種の外科的な治療がほとんどです。可能な限りすべての器具は 完全な滅菌をしてゆきます。

 

 すべては 患者さまの Happpyのために・・・・

                                            By Hiro

 

 

 

 

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

マイクロスコープ(歯科用手術用顕微鏡)の話し 3

マイクロ・スコープのお話は 以前のブログでも紹介いたしました。

 歯科は 外科系の医療科目です。

何か診断して、たいていは なんらかの処置がともないます。

マイクロスコープは、1 根管治療(歯の根の治療のこと)

            2 コンポジットレジンなどの充填

             3 歯の形成面のチェック(削った境界線が きれいに仕上がっているかの

                            チェック)

            4 マイクロ・サージェリー(顕微鏡下での外科縫合処置)

            5 歯石の除去や、プラーク(歯の汚れ)の確認

            6 歯のクラック(ひび割れ)などの発見や診断への応用

            7 補綴物(ほてつぶつ)の適合性のチェックや検査など

            8 etc・・・・・

ほとんどすべての治療に対して 必要なことがわかります。

 

DSC02078.JPGただ 時間と 場所が限られますので、保険診療内のすべての患者さまには提供は

できないのが 現実です。

 このマイクロスコープは、患者さまに同時に見ていただける機構があります。

まさに リアルタイムで 自分の治療中の歯や、根管内の様子などまで、歯科医師と同じ視点

と倍率でみることができます。(この場合は、3D メガネのようなものを患者さまにかけていただきま

す。)

マイクロスコープは まさに 患者さまとの コミュニケーション・ツールですね。

 

 すべては患者さまのHappyのために...・・・                By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

マイクロスコープ(歯科用手術用顕微鏡)の話し 2

10月末に おざわ歯科医院・平塚総合歯科センターにも マイクロ・スコープが設置されました。

普段は、3倍、2倍のルーペを使用して 歯科臨床をしていました。

これからは、最大20倍の拡大率で 歯科治療をおこなえる環境がととのいました。

 

 

IMG_9434.JPG

Carl Zeiss 社製のマイクロスコープです。

ちょっともlのものしい感じですが さらに患者さまにとって よりよい

医療を提供できるようになりました。

 

IMG_9431.JPGすべては、患者さまのHappy のために・・・・・                   By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

マイクロスコープ(歯科用手術用顕微鏡)の話し

おざわ歯科医院にも 今週の金曜日から 歯科用マイクロスコープが設置されます。

利用できるのは 個室C ルームと 個室Dルームです。(CT検査室の前で、待合ホールのつきあたり

右の2室です)

 おもに 歯内療法(歯の根っこの治療のこと)や、 精密ハイブリッド審美充填、正確なスケ

ーリング、正確 安全な 手術などに 応用してゆきます。

脳外科、心臓外科、整形外科、形成外科、眼科・・・・ などでは、相当以前からあたりまえのように

使用されてきました。

 残念ながら 歯科では最近になってやっと 導入する歯科医院もふえてきました。

おざわ歯科医院のものは、 患者さまに説明専用のビデオも装備しています。リアルタイムで

処置の様子も患者さま自身が見ることもできます。

OPMI_pico_floor.jpg  

 

  すべては患者さまの Happyのために・・・・・                By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

新しい デンタル・チェアー を導入しました の話し

おざわ歯科医院・平塚総合歯科センターでは、 9台目のデンタル・チェアーがはいりました。

9月16日より 稼働いたします。

 キュアールーム(歯科治療専用)に 4台

 予防専用 デンタルエステ ルームに 2台

 オペルームに 1台

 補綴専用室に 2台            以上で9台となりました。

 

 

ドイツ製の 最新機種です。10週間前に ドイツに発注し やっと本日のセッティングとなりました。

セッティングには まるまる1日かかりました。

シロナ C4 という機種です。当医院では 同じタイプが3台目のものです。

 

ぜひ みなさまも 広く 静かで、景色もおちついた 個室をご用意してありますので 楽しみにしてい

てください。

 場所は、ホールつきあたり右の 個室D ルーム です。

歯科用コンビームCT検査室 (再生歯科検査室) の むかいになります。

この個室では、もちろん セレックシステムによる 即日オール・セラミック治療もうけることができます。

 時間は 90分間 費用は、¥35000から¥40000(税別) となります。(完全予約となります)

 

 もちろん初診の患者さま(60分間)や、予防でいらしゃる患者さまにもご利用いただけます。

 

IMG_7734.jpg   すべては患者さまの Happyのために・・・・                   By Hiro

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

2010年 横浜デンタルショー の話し

 2年に1回ですが、パシフィコ横浜で大規模なデンタルショーが開催されました。

いつもたいへん混雑するので、開幕前からならんで、入場しました。

 

DSC05852.JPG

 

 

DSC05854.JPG今回の最大の目的は、やはり CTの比較検討でした。

まだ歯科医院にCTを常備しているところは少ないようですが、確実に増えています。

おざわ歯科では、ドイツの機種を検討しています。

DSC05855.JPG もちろん いろいろな機種があります。これらの情報を総合的に管理して、患者さまの歯科治療にやくだててゆかねばなりません。

 現在は、近隣の医科用CTを撮影してきていただき、それを専用のソフトで解析していますが、導入できれば、患者さまのメリットは、はかりしれません。

 また、われわれ医療スタッフにとっても安心で安全性がさらにアップします。

 

DSC05878.JPGすべては、患者さまのHappy のために・・・・。

 

 

                                               By Hiro

 

熱心な、歯科医師や、歯科衛生士のかたがたが多数いらして、参加されていました。

こういう機会を利用されても、スキルアップにつながりますし、モチベーションはあがっていきます。

 

ここで、少し、宣伝を・・・

特に、新卒の歯科衛生士の方にお知らせです。

 

PS. おざわ歯科では、歯科衛生士を募集しています。

 

   環境のととのった当医院で、自分自身の成長のためにチャレンジしてみたい人を

   スタッフとして募集しています。

 

              担当 秘書 佐々木まで まずはお電話を・・・・

                       0463ー58ー0230

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

ドリーム・レイ という医療機器の話し

 歯科医師の仕事というのは、的確な診断や、経験がものをいいます。

かつては、職人的と思われていました。でも最近では、この経験を最新医療機器を使用することによ

り手に取るように正確にすることも可能です。

これは、ドリーム・レイというエックス線を使った、透視の器械です。まだ韓国でも10台ほどしかありません。世界中でも10台しかありません。

もちろん日本では1台もありません。(おざわ歯科が導入すれば、日本初ということでしょうか?)

このように患者さまの頭部をはさんで、透視します。リアルタイムです。

 ずいぶん前から、整形外科領域や、心臓血管外科、などでも使用されてきました。

しかし、歯科専用となるとコンパクトであり、エックス線量の問題など解決しなくてはならないこと

が山積みでした。

 

 

 

DSC04003.JPG

ソウルで開業しています、Dr.ユム が実演しています。ここは、ユム先生のクリニックです。

清楚な感じのスタッフが、大勢いました。

モニターには、こんな感じでみえます。

造影剤は、心臓カテーテルなどに使うものと同じ薬品を用います。上顎洞のアプローチなどに

、大変有効です。

 

 

 

DSC04002.JPG最新の機器に対して アンテナを張り巡らす必要があるのが、歯科の特徴ともいえますね。

                                               BY HIRO

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

CGF という 再生医療の話し

再生歯科医療というのを聞いたことがありますか?

この医療器械は静脈血液を特殊な処理をして、濃縮血漿板(concentrated Growth factors)

にするものです。

 

CGF と略します。

 

組織再生に有効な、成長因子のみを手術創面などにいれたり、骨移植材料とまぜたりして使用します。

 

もともと、ご自分の体の中で つくられたものですので、大変安全です。

DSC04360.JPG

13分間 血液を自動調整された回転数で処理しますと、このようになります。

この白っぽい部分に、CGF は含まれています。

 

歯科での応用範囲は多方面にわたります。

 

 Dentistry was changed by Osseoinntegration.

 

まさに、歯科医学は、再生医療の出現で、10年前と大きくかわってしまいました。

少しでも有益な最先端で安全な医療を提供してゆきますね。

 

すべては、患者さまのHappy のために・・・。

                                            By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

ピエゾ・サージェリー という器械の話し

 これは、ピエゾ・サージェリーという 超音波骨切削器械です。

イタリアで開発された器械で、この機種は、サージ・ボーンという機種です。

歯科治療は、顎の骨を削ったり、骨を移植したり、歯を抜いたり、顎の骨を薄くそいだり・・・・。

いろいろな場面で、威力を発揮する器械なんですよ。

DSC01974.JPG

今回は、上顎の骨が少ない患者さまに、サイナス・リフト法(上顎洞挙上術・ラテラル・ウインドウ法)を行いました。

CT 検査の結果を参考にしながら、両サイド 同時におこないました。

 

腫れを少なくできますし、成功率も高まります。

なにしろ、患者さまにメリットが多くあります。

 

DSC01975.JPG

おざわ歯科では、最新の医療機器をできるだけ早く導入し、安全で安心できる歯科医院を今後もめざしてゆきますね。

 

すべては、患者さまのHappyのために・・・・。

 

                                          By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

最新歯科用CTの話し

 最近では、CT検査機器をそなえた歯科医院もではじめています。21世紀の時代ですので、レントゲンもデジタル化、書類もペーパーレス化がすすんで、パソコンで対応しているところもおおくなっています。

 歯科用CTも小型化し、機能も高度化しています。患者さまの利便性や、より安全な治療がもとめられつつあります。 DSC01376.JPG

 CT検査を必要に応じておこないますと、このように、パソコン上でいろいろな角度から診断し、シュミレーションすることもできます。

一般歯科治療や、インプラント外科、矯正歯科、歯根の治療、歯の再植、歯周病診断など応用範囲

はますますひろがっています。

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る