スタッフブログ

災害避難時のお口のケアの話し

 3月11日の震災以来、関東でも余震(一部、それによって引き起こされている誘発地震とも

言われていますが・・・)が続いていますね。

私達の地域でも、以前から関東直下型地震、南関東地震、東海地震などが想定され

人々の意識の中にも、いざという時の備えはあったものの、

今回改めて、"備える"ということをもっともっと意識するようになったのではないでしょうか?

 

私は、震災後から新聞で何度か取り上げられていた、災害時の口腔ケアについて

これもひとつの"備え"になるのではと思い、私なりにまとめてみました。

 

非常時は、歯磨きどころではない!

まさにその通りだと思います。

ところが、口の中が清掃できず不潔な状態になってしまうと、細菌が増え、虫歯・歯周病・口臭

だけでなく、感染症(インフルエンザ・胃腸炎)を引き起こすことがあるのです。

とくに高齢者は飲み込む機能や咳をする機能が弱くなると、お口の中の菌が気管や肺に入り

肺炎になってしまったりするのです。(誤嚥性肺炎)

実際、阪神・淡路大震災の時、65歳以上の高齢者の死因の最多は肺炎で、そのうち6?8割は

誤嚥性肺炎ではないかと言われています。

 

それでは、具体的にどうケアしていったらよいかという事ですが、

1、少量の水かお茶で2回に分けて口をゆすぐ

2、歯ブラシがない時はガーゼやティッシュで歯・歯茎・義歯を拭き、食べかすを残さない

3、なるべく唾液をだす(ガムなど噛む)

などです。

 

なるべく唾液を出すということですが、唾液は口の中を潤し、飲み込みやすくしてくれるだけでなく

口の中の抗菌作用・洗浄作用などもあるとでも大事なものなのです。

 

ガムも何もないなぁというとき、唾液腺のある場所をちょっと押してみてください。

ジュわっーと唾液が出てきますよ。

試してみてくださいね。

 DSC03186.jpg

以上ですが、ちょっと覚えておいて頂くと、もしもの時に役立つかもしれません。

もしものとき以外でも、ちょっとしたことで自身の健康が守れるという事を

分って頂けたのでは?と思います。

 

                                             by DHG

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

オーラル・リハビリテーションの話し 2

この 患者さまは、上顎 0 本

            下あご3本(前歯のみ) で6年間すごしてきました。

とくに、上顎の総義歯は、重力に反して吸盤のような原理ですいついています。

 この考えは 100年前の理論であり 技術です。

ですから、下顎の前歯のみの3本では、かむとき 大変不安定になります。

 たとえると、

「お盆を手のひらの片手でささえていて、その端に おもい重りを置いた状態です。」

これでは お盆は ひっくりかえってしまいますね。

 このお盆が上顎の入れ歯ということになります。

下にインプラントを用いて 固定式のブリッジを全体に 即時にいれました。

このことで、お盆の中心に重りをのせて 、お盆が安定したことになりました。

 

 入れ歯などは、物理の法則でなりたっています。

決して、名人の歯医者がうまいということではありません。

そのなかには、診査、診断があり 計画があり その実現を よりよい人間関係

を構築しながらすすめるのが 歯科臨床だとおもいます。

 

さて・・・再度考えてみましょう

この 患者さまは、上顎 0 本

            下あご3本(前歯のみ) で6年間すごしてきました。

とくに、上顎の総義歯は、重力に反して吸盤のような原理ですいついています。

 

これは オール・オン4という術式による 即時の固定性ブリッジのセット症例です。

一番遠心部(遠いところ)の2本も あえて角度は、あまりつけないようにしてあります。

インプラントの上のパーツに ストレート(角度補正 0度)のものを使用したいからです。

ネジ(スクリュー)のゆるみも、17度や、30度にくらべると 格段に安定します。

遠心のカンチレバーに対しても、有利にはたらきます。

このようなケースでは、いつも5本のインプラントを埋入してゆきます。

 

2010 9 7 a 1.jpg

まだ 治療中ですが、下顎が固定式になったために、上顎の総義歯が安定し 生活も困らなくなったそうです。

 

これからも ベストをつくしますので よろしくお願いいたします。

 

 

 すべては、患者さまのHappyのために・・・・・・                  By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

見えにくい入れ歯の話し

 患者さまは、まだ アラフォー 前 です。

お若い時から、歯科とは 縁 が切れずに、残念ながら 奥歯を失ってしまいました。

今回は、前から見て、見えにくい義歯(入れ歯)を選択されました。

Before

2009 5 3 n 2.jpg

After

右と左の下顎の奥歯がありませんが、義歯(スマイル・デンチャー)がはいりました。

入れ歯特有の、歯にかかる バネ(クラスプといいます)は、いっさい見えません。

2009 5 3 n 1.jpg

Before(上から見ると)

2009 5 3 n 3.jpg

After(上から見ると)

2009 5 3 n 4.jpg

歯の裏側には、義歯でしっかりかめるように、サポートしていますし、歯肉の衛生にも配慮した設計

になっています。

 

やはり、患者さま自身がお選びになった選択が一番です。

                                            

 

スマイル・デンチャーは、高い柔軟性があり、割れにくい素材なので、入れ歯自体を薄くつくることができます。薄い入れ歯は、食事も発音も違和感がすくなくなります。

 

入れ歯は、 1)型とり

        2)設計

        3)材質選び

        4)精度

        5)咬合関係のバランスをとる

        6)顎の状態の把握

        ・・・・・・・・・・・・・・・ 等など

どれひとつに マイナス がはいってもすべてが マイナスになります。

ですから、患者さまには よくこういいます。

「入れ歯は、算数でいうと 掛け算 です。一つ一つのステップにマイナスがはいると

結果はすべてマイナスですよ。」 と

「入れ歯は、物理の法則で成り立っています。決して職人の技術ではありません。その中には、Art と Science がつまっています。」 と

 

 

 すべては、患者さまのHappy のために・・・・・・。

                                                By Hiro

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

スマイル・デンチャー という 義歯の話し

 今回、おざわ歯科にご相談にいらした患者さまは、上品なご婦人でした。インターネットで調べて

ご主人といっしょにご来院です。

下顎の両端に歯がありません。現在入れている 入れ歯 は調子が悪くよくかめません。

 

 ではどうしましょ?

 

1)インプラント?

2)入れ歯を同じ材質でつくります?

3)入れ歯を違う材質で違う設計コンセプトでつくります?

4)もうなにもいれず生活します?

 

今回は、入れ歯で対応してくださいとのことで、よくご相談して、見栄えもきれいな、スマイル・デンチャーという義歯にしました。 3)の方針で、設計しました。

Before

2009 2 26 y 1.jpg

After

2009 2 26 y 2.jpg

「どこに入れ歯がはいっているか、分からない仕上がりです。おまけによくかめます。」と喜んでいただけました。

以前の義歯は・・・・・ クラスプという銀の針金が不自然ですね。

2009 2 26 y 3.jpg

今回の義歯は・・・・・・・・ しっかり下顎に力をうける設計にしました。

2009 2 26 y 4.jpg

2009 2 26 y 5.jpg横からみると、こんな感じです。

 

スマイル・デンチャーは、高い柔軟性があり、割れにくい素材なので、入れ歯自体を薄くつくることができます。薄い入れ歯は、食事も発音も違和感がすくなくなります。

 

入れ歯は、 1)型とり

        2)設計

        3)材質選び

        4)精度

        5)咬合関係のバランスをとる

        6)顎の状態の把握

        ・・・・・・・・・・・・・・・ 等など

どれひとつに マイナス がはいってもすべてが マイナスになります。

ですから、患者さまには よくこういいます。

「入れ歯は、算数でいうと 掛け算 です。一つ一つのステップにマイナスがはいると

結果はすべてマイナスですよ。」 と

「入れ歯は、物理の法則で成り立っています。決して職人の技術ではありません。その中には、Art と Science がつまっています。」 と

 

すべては、患者さまのHappyのために・・・・・。

 

                                           By Hiro

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る