スタッフブログ

歯周病の新しい治療法の話し

 

当院では、昨年12月より歯周病の原因である菌を特定し、薬でその菌を退治すると

いう治療法を取り入れており、多くの患者さまに喜びの声を頂いております。

その治療法が、"歯周内科"という、歯周病の最新治療です。

 

・位相差顕微鏡で菌の確認

・細菌の除去

・カビの除去

・除去後のクリーニング

 

きちんと菌をコントロールすれば歯周病はお口の中から消えていくのです。

患者さまの負担が少ない、優しい治療法です。

 

興味のある方はスタッフに声をかけて下さいね。

 

                                                                                   by DHG

                                                                                     006.JPG

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

う蝕 の話し

虫歯予防デーがちかづいてまいりました。

下のイラストは、う蝕という硬い歯に生じた病変を、最低限度削って充填といってつめる前の

状態をしめしています。

 

象牙質う蝕は、う蝕検知液という薬剤を塗布することによって、4段階にわけられるといわれています。

   1 感染軟化象牙質

   2非感染軟化象牙質

   3透明象牙質

   4健全象牙質

  これらが、段階的に変化しています。

削りすぎてもいけませんし、取り残してもまた将来問題を生じます。

こんな細かい治療を日々おこなっていますので、結構時間がかかりますし、痛くなく治療するためには、時間をかけて局所麻酔もしなければなりません。

 また、患者さまの体調や、要望をとりいれながら治療をしてゆきます。

この、実質欠損部分に、樹脂や、金属や、セラミックやらいろいろな歯科材料があるわけです。

CCF20090603_00001.jpg

 

歯科医の主な仕事として、1う蝕治療

                2歯周病治療

                3欠損を補う治療

                4癌や、顔面における外傷、先天疾患などの口腔外科的疾患に対する治 

                  療  

                5歯科矯正に関する治療

                6保健、歯科公衆衛生に関するもの

                7耳鼻科、内科、皮膚科、脳神経外科、神経内科、整形外科・・・など

                  との隣接医学とコラボレートして、的確に診断し適切な科に導き手助け

                  すること

               などなど・・・・・・

いろいろあります。                  が、

 

一言でまとめると・・・・・・・・

 

我々の仕事は、「患者さまの健康のお手伝いをし、笑顔になってもらい人生を豊かにしていただくこと。その結果、わたしたちの人生も豊かになること。」

                                              これにつきます。

すべての職業にいえる共通の内容だと思います。

 

6月は、毎年恒例ですが、おざわ歯科のスタッフ(14名)の健康診断をかねて、3日間にわたり近所の内科で検査をします。

その結果、B型肝炎ワクチンを接種するかたもいます。

また、インフルエンザの流行前には、全員がワクチン接種をうけて皆様方のお口の健康を、しっかり守れるようにしています。

 

 すべては、患者さまのHappyのために・・・・。

                                           By Hiro

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る