スタッフブログ

ユニセフ基金 の話し

 おざわ歯科医院・平塚総合歯科センターでは、患者さまの承諾をえたうえで、不要になった歯科用金

属を 日本ユニセフ協会にすべて現金化して寄付をしています。もうかれこれ6年になりました。

だいたい 年間2回集計して 寄付しています。

今回も その領収書がとどきました。

患者さまの善意が 世界中の人々のお役に実際たっています。

 

 

DSC02875.JPG 今回は¥63688 でした

 

 

 

DSC02877.JPG

 私も 毎週 ロータリー財団から ささやかですが 世界のポリオ撲滅や 夢をかなえるため

にがんばっている経済的にめぐまれない子供たちのために寄付をさせていただいておりま

す。

 

 個人的な話になりますが、私は14歳のとき 父を ひき逃げ交通事故でなくしました。

長いこと成人になるまで 「あしなが育英会」という財団があって、そこから バス旅行やいろいろなイベントのおさそいがありました。

一度も参加したことは ありませんでしたが、そのありがたい思いは いまでもよくおぼえています。

 

 今はこう やって 人のために寄付できることに感謝しています。

  

こころよくご協力いただいた患者さますべてに感謝 感謝です。・・・・・・

                                            By Hiro

 

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

ユニセフに寄付 の話し

おざわ歯科医院では、年に2回程度ですが、合計約10万円ほどユニセフに寄付させていただいております。

患者さまのご了承をえて、撤去した歯科用金属などを分析業者さまに出します。

1年間で約10万円程度になります。

これを、ユニセフに寄付するのです。

 世界中の恵まれない子供たちに少しでも役に立って欲しいとおもうからです。

もうかれこれ10年くらいでしょうか?

感謝状は、いつも待合ロビーにかざってありますので、ご来院の際にはみてくださいね。

IMG_9117.JPG

 

おざわ歯科医院にご来院の患者さまに感謝、感謝です。ご協力ありがとうございます。

 

                                                      By Hiro

あなたにとって不要となった金属が、誰かにとって必要な資金や、希望になります。

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る