スタッフブログ

歯科の切削機器の滅菌の話し

 本日は 患者さまに対して 安心・安全をどのように貢献しているかというお話をさせていただきます。 

 

歯科医院には 歯を削る エアータービンというものや 低速で切削するエンジンなどがあります。

歯の切削には 毎分何十万回転という 高速回転が必要になります。また 発熱を防止したり 視界

を確保するために 注水も必要になってきます。

 

 

 そんなわけで 大変精密で 微細な構造の医療機器を用いることになります。ここに 患者

さまの血液や唾液などの問題がしょうじてきます。

 バックサクション といって 機器を止めた瞬間に 切削していた 周囲の空気や 血液 唾液をの 

機器の小さな 穴から吸い込んでしまいます。

 各歯科医院では このような問題を解決するために いろいろ工夫しているのが 実情です。

おざわ歯科医院では 歯科用チェアーは 現在 9台あります。そのそれぞれに 3から4個 の切削

用機器がついています。

 1人 1人の患者さまに 滅菌した 切削機器(エアータービンや エンジンなど)をもちいますと 多

数の機器の予備が必要になってきます。

 これは DAC ユニバーサル という 専用の滅菌 エアー乾燥 注油などのメインテナンスをする

ドイツ製の機械です。たった 12分間で 終了できます。

 滅菌のみでしたら 3分間で 完了できます。

 

 

  2011 4 13 o DAC 1.jpg hyg_dacuniversal_product_0012.jpg  DSC08219.JPG おざわ歯科医院にある エアータービン・コントラエンジン・5倍速エンジン・・・・などなど

もちろん クリーニング専用PMTC コントラエンジンなどもすべてふくまれます。

 

ここにあるのは これでもほんの 1部です。

 

 

2011 4 13 o DAC.jpg

 今日は みなさまが 普段 見ることのない バックヤード(うらかた)のお話をさせていただ

きました。

 もし 自分自身が ここで(おざわ歯科)治療を受けて どうか という視点にたって いつも

考えて 運営しております。

 これからも 宜しくお願いいたします。

 

すべては 患者さまの Happy のために・・・・・・                  By Hiro

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る

 

より 安全・安心な滅菌器の話し

 

 

 

 

DAC_offen_neu.jpg 歯科医療は つねに 精密機器をもちいて 歯の切削などをしてゆきます。

そのための 消毒・滅菌は どの歯科医院でも 最重要課題です。

歯を切削する機器(エアー・タービンといいます)や マイクロ・モーターなど 毎分 何十万回転もする

精密機器を日常的にもちいます。

 この 滅菌 消毒に 今回 おざわ歯科医院・平塚総合歯科センターでは 世界最新機器の導入をしました。

 ドイツ シロナ社製 の DAC Universal という機器です。

 

 

pi_hygiene_systems_174.jpg

 

 

2011 4 13 o DAC 1.jpg      

 

 

 

 

 

この滅菌器は 1台で 患者さま 一人 一人に用いている

キーン と音のする タービン や コントラ(歯や骨を削る器械)、ストレート・ハンドピース の滅菌(完

全にすべての菌を死滅させる滅菌) する器具です。

 この滅菌器のすばらしいところは、タービン・コントラ・ストレートハンドピース を 精製水をもちいて機械の内部・外部の洗浄から オイル注油、さらにはバックフラッシュという独自の工程を経て機械内部にいたるまでの厳密な滅菌を一気に行えるということです。

 それも 12分間しかかかりません。

歯科治療の現場では、一種の外科的な治療がほとんどです。可能な限りすべての器具は 完全な滅菌をしてゆきます。

 

 すべては 患者さまの Happpyのために・・・・

                                            By Hiro

 

 

 

 

 

 

 

おざわ歯科医院

ページのトップに戻る